インフォメーション

 ※毎年、見学に行っている漢方栽培している奈良ポニーの里さんのイベントです。

 

日時:7月6日-7日  

 

実施場所:Urushi Base Soni NENRIN( 奈良県宇陀郡曽爾村塩井605)

定員:30名

 

会費:12,000円(体験費・食事・保険料のみ/雨天決行)

    *交通費や宿泊費は含まれません。

    *集合場所までは各自手配

    *1日目の昼食・夕食、2日目の昼食付き

 

申込方法:※お申し込みは下記ポニーの里ファームに直接お願いします。

「①氏名」「②年齢」「③所属」「④電話番号」「⑤住所」「⑥現地までの交通手段」

①~⑥を下記メールアドレスにお送りください。お申し込み後、担当者からご連絡致します。

info@ponynosatofarm.com

申し込み締め切り:6月23日(日)17:00まで

 

<講座内容>

1日目:

□キハダの伐採:陀羅尼助の製造されている方々と一緒にキハダを伐採します。迫力満点です。

□キハダ樹皮の採取:生薬として利用する樹皮の採取を行います。樹皮の鮮やかな黄色に思わあずため息がでます。

□交流会:体験終了後、夕方から参加者同士の交流会を行います。会場は、『森のオーベルジュ星咲~きらら~』で、地元食材を使ったお料理を出していただきます。

 

2日目:

□漆掻き見学:漆の樹皮に傷をつけてにじみ出る汁採取するところを見学します。採った汁を精製することで器などに塗る漆液となります。

□草木染め体験:1日目に収穫したキハダの樹皮と漆の木を使って、草木染めを行います。オリジナルさの作品がつくれます。

 

事前にご確認ください:

*参加費には、交通費や宿泊費は含んでおりません。

*宿泊の手配は各自で行っていただきます。お申し込み後、担当者から宿泊先一覧が送られてきますので、そちらから宿泊の予約を行ってください。

*集合場所までは各自でお越しください。ただし、参加希望者の中で、現地までの交通手段がない方は事前にご相談ください。

*1日目の昼食と夕食、2日目の昼食は運営側でご用意いたします。2日目の朝食は各自でお願い致します。

*持ち物:汚れてもよい服、レインコート、タオル、水筒、帽子

 

共催:農業生産法人有限会社ポニーの里ファーム

   一般社団法人曽爾村農林業公社

協力:大峯山陀羅尼助製薬有限会社、株式会社藤井利三郎薬房、株式会社三光丸、高取薬業連合会、曽爾村森林組合、漆ぬるべ会

 

 

※毎年、見学に行っている漢方栽培している奈良ポニーの里さんのイベントです。

日時:6月27日-28日  10時開始

 

実施場所:天川村役場( 奈良県吉野郡天川村大字沢谷60番地)

 

定員:30名

 

会費:10,000円(体験費・昼食・保険料のみ/雨天決行)

*交通費や宿泊費は含まれません。

*集合場所までは各自手配

 

申込方法:※お申し込みは下記ポニーの里ファームに直接お願いします。

 

「①氏名」「②年齢」「③所属」「④電話番号」「⑤住所」「⑥現地までの交通手段」

①~⑥を下記メールアドレスにお送りください。お申し込み後、担当者からご連絡致します。

info@ponynosatofarm.com

申し込み締め切り:6月20日(木)17:00まで

 

<講座内容>

陀羅尼助の郷である天川村でも開催!

なんと!製薬工場の見学もでき!

生駒あさみさんの講演もあり!

盛りだくさんの一泊二日の特別な体験どうぞ!

 

キハダの樹皮からとれる黄檗(おうばく)は、今から1300年ほど前、奈良県南部の霊峰大峯山で「修験道」という宗教を開いた「役行者(えんのぎょうじゃ)」が、疫病が流行した際に作り、民を救ったとされる漢方薬「陀羅尼助(だらにすけ)」の主原料です。奈良県を代表する胃腸薬であり、今もなお人々の健康を支えています。ここ天川村は、陀羅尼助の発祥の地であり、今もなお変わらぬ製法で陀羅尼助の製造を行っています。このイベントでは、キハダの伐採や黄檗の収穫を通して、製薬の一端を体感してもらえればと思います。

 

事前にご確認ください:

*参加費には、交通費や宿泊費は含んでおりません。

*宿泊の手配は各自で行っていただきます。お申し込み後、担当者から宿泊先一覧が送られてきますので、そちらから宿泊の予約を行ってください。

*集合場所までは各自でお越しください。ただし、参加希望者の中で、現地までの交通手段がない方は事前にご相談ください。

*1日目と2日目の昼食は運営側でご用意いたします。1日目の夕食や2日目の朝食は各自でお願い致します。

 

持ち物:汚れてもよい服、レインコート、タオル、水筒、帽子

 

【体験内容】

1日目:

□キハダの伐採:陀羅尼助の製造されている方々と一緒にキハダを伐採します。迫力満点です。

□キハダ樹皮の採取:生薬として利用する樹皮の採取を行います。樹皮の鮮やかな黄色に思わあずため息がでます。

□草木染め体験:収穫したてのキハダの樹皮を使って草木染を行います。オリジナルの作品がつくれます。

 

2日目:

□工場見学:大峯山陀羅尼助製薬有限会社にお邪魔し、工場見学をさせていただきます。めったに入る事のできない製薬会社を見学いただけます。

□講演:生駒あさみさんをゲストに洞川の魅力についてお話いただきます。

 

主催:農業生産法人有限会社ポニーの里ファーム

   一般社団法人天川村フォレストパワー協議会

協力:大峯山陀羅尼助製薬有限会社、株式会社藤井利三郎薬房、株式会社三光丸、高取薬業連合会、シェアオフィス西友

後援:天川村

 

 

 

日時:6月23日(日)  10時開始(終了予定16時)

 

実施場所:山添村立やまぞえ小学校内駐車場( 奈良県山辺郡山添村春日1770−1)

 

定員:30名

 

会費:7,000円(体験費・昼食・保険料のみ/雨天決行)

 

申込方法:※お申し込みは下記ポニーの里ファームに直接お願いします。

 

「①氏名」「②年齢」「③所属」「④電話番号」「⑤住所」「⑥現地までの交通手段」

①~⑥を下記メールアドレスにお送りください。

お申し込み後、担当者からご連絡致します。info@ponynosatofarm.com

申し込み締め切り:6月14日(木)17:00まで

 

<講座内容>

キハダの樹皮からとれる黄檗(おうばく)は、今から1300年ほど前、疫病が流行した際に作られ、人々を救ったとされる漢方薬「陀羅尼助(だらにすけ)」や700年前に後醍醐天皇が命名した「三光丸(さんこうがん)」の主原料です。どちらの薬も奈良県を代表する胃腸薬であり、今もなお人々の健康を支えています。このイベントでは、キハダの伐採や黄檗の収穫を体験してもらいます。

 

体験内容:

キハダの伐採、皮むき、草木染め、木工体験

 

持ち物:汚れても良い服、レインコート、タオル、水筒、帽子

 

主催:農業生産法人有限会社ポニーの里ファーム

協力:大峯山陀羅尼助製薬有限会社、株式会社藤井利三郎薬房、株式会社三光丸、高取薬業連合会、山添村波多野地区活性化協議会「かすががーでん」、山添村神野山木工館

 

 

 

同行講師:(一社)ハンバンスタイル協会理事兼COO 岩本泰寛 

 

日時:7月19日(金)14時開始

 

実施場所:ホ・ジュン博物館(87 Heojun-ro, Gayang-dong, Gangseo-gu, Seoul, 大韓民国)http://www.heojun.seoul.kr/

 

ホ・ジュン博物館の紹介(トリップアドバイザー)

https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g294197-d1176552-Reviews-Heojun_Museum-Seoul.html

 

会費:会員3,000円 (会員同伴者1名まで可能)

※現地までの渡航費、食費等は各自ご負担ください。

※会員向け特別プログラムのため、会員以外の参加は会員の同行者1名までに限定しております。(参加費は同じです)

 

申込方法:※お申し込み、お問い合わせは下記よりお願いします。

○協会HPお問い合わせページ https://hanbangs.org/contact から

該当項目を選んでご連絡ください。

 

 

<講座内容>

ハンバンスタイル協会会員向けの特別企画です。

韓方の開祖である、ホ・ジュン先生の博物館見学と隣にある大韓韓医師会本部を表敬訪問見学する特別プログラムです。

 

普通では行けない場所ですので、この機会に是非ご参加ください。

 

13時45分 ホジュン博物館前にて集合

14時 大韓韓医師会 表敬訪問 事務副総長とミーティング

15時 ホジュン博物館見学

 

16時以降は、自由参加で

韓薬振興財団訪問か、ソウル韓方振興センター見学

移動は、タクシー分乗か、公共交通機関(現地払い)

希望者は、夕食会(現地払い)

韓食ビュッフェ、ケジョルパプサン

 

主催:(一社)ハンバンスタイル協会

 

 

#2019釜山市韓方セミナー&韓方体験 説明会in大阪。当協会は後援という形でサポートさせて頂きました。
釜山韓医師会を代表す韓医師 イ・ハクチョル会長、キム・ヨンファン前会長、キム・ユソク副会長の3名によるセミナーが行われました。

 

 

キム・ユソク先生は、高齢化社会の中で、健康的に生きていくための、とても重要な認知症。その治療でキーとなる認知症予備軍の治療と予防について。

 

 

キム・ヨンファン先生は、韓方医学の中で特徴的な、あの李済馬先生が考案した四象体質診断についてお話し頂きました。

 

本格的に診断するポイントは、なんと骨盤と胸郭でした!

 

 

最後にイ・ハクチョル先生。韓方医学におけるガンの治療について。現在、世界ではハーバード大学をはじめ約30の大学病院で、東洋医学によるガンの治療が行われているそうです。

 

その予防方法は…邪気から防御して、正氣を補充する…。その実践についてお話し頂きました。

 

 

会が終わってから関係者での打ち上げは笑いの絶えない笑顔溢れる日韓友好の会となりました😊

 

 #釜山市 、#釜山韓医師 会 、 #日韓架け橋協会 、 #韓方座浴セラピスト協会 、そして #ハンバンスタイル協会

 

 

 益々、友好関係が深まり、共に発展して行けると嬉しいですね😃

画像に含まれている可能性があるもの:19人、、スマイル、室内
画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)、テーブル、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、スーツ、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...