インフォメーション

東京支部の小林です。

2月24日に行われた韓方フェスティバル in 鹿児島へ参加してきました。

このイベントはMOUを締結している(一社)韓方座浴セラピスト協会主催でおこなわれました。

今回のイベントは、韓方よもぎ蒸しを監修・指導している釜山医師会の副会長でもあり、

大韓民国韓医師会保険審査監事を務めるキム・ユソク先生の講演が午前・午後とありました。

午前中はアルツハイマーに関するお話、午後は韓方の特徴でもある、韓医学からみた健康養生についてのお話や韓方の特徴でもある四象体質のお話でした。

キム・ユソク先生のお話の中で一番心に残ったのは

『韓方材料をつかったから、韓方(韓医学)ではない』

というお話でした。

自然の流れに逆らうことなく、自分自身の体の声に耳を傾け、自分自身の免疫力や自然治癒力を高めることが韓医学的な考えであり、大切なことだとお話されていました。

とても興味深かったです。

四象体質診断ではチャートを見ながら、自分に合った食べ物や養生法などを知ることができ、皆さんとても、楽しそうでした。

会場には150人を超える方たちが集まり、皆さん熱心に先生のお話に耳を傾けていました。

最後に大抽選会も行われ、東京から参加していた会員の方が見事に特産物を引き寄せていました。

会場にはハンバンスタイル協会の前田代表・通訳は岩本理事、大阪の(一社)日韓架け橋交流会の金井代表たちも祝辞を述べられていました。

今回はじめて韓方座浴セラピスト協会の外薗代表にお会いしたのですが、とても明るく、エネルギッシュな方でした。

鹿児島でも韓方への関心が高まっていることを知ることができました。
今回参加し経験できたことは、とても大きかったです。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、室内
画像に含まれている可能性があるもの:飲み物、室内
画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内