11月の活動報告

 

 <<2018年11月活動報告>>

 


 

10月28日、大阪にて、釜山観光公社、釜山市韓医師会主催、2018釜山市韓方セミナー&韓方体験説明会が開催されました。

画像に含まれている可能性があるもの:16人、、スマイル、立ってる(複数の人)

主管:ハンバンスタイル協会、韓方医療観光連盟、日韓架け橋交流協会

協力:韓方座浴セラピスト協会

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内

午前の部は、まずイ·ハクチョル先生による、韓医学の紹介と釜山市と韓医師会で進めている不妊治療プロジェクトについてのお話から始まりました。

続いて、キム・テヨル先生から、ストレスによる体の不調に対する韓方での対処法について、お話を聞きました。

昼食をはさんで、午後からはキム・ユソク先生の四象体質医学についてのお話を伺ったあとは、

各ブースで、釜山観光の紹介、健康相談の時間を持ちました。

参加者の中には、韓医学の話を初めて聞く方も多くおられましたが、豊富な臨床経験から語られる具体的な健康法、ユーモアを交えて語られる内容に、ある時はうなずきながら、ある時は爆笑しながら、聞き入っていました。

参加者全員に、釜山観光公社、釜山韓医師会からのプレゼントももらえて、皆さん喜んでおられました。

ご協力頂いた全ての方に、心より感謝申し上げます。

 

11月3日名古屋で「夢フェスタイベント」に

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

ハンバンスタイル協会のブースを出店しました。

永井会員のカッサはとても好評でした!

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

韓国関連イベンドではありませんが、韓国に興味のある方はやはり多いですね!

お手伝い頂きました会員の皆さま、お疲れ様でした!

画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル、立ってる(複数の人)

 

11月25日東京で2018早めの忘年会&懇親会「おいしい韓方で盛り上がろう」が

大盛況のうちに終わりました。

 

協会の代表理事の前田紳司さん、福岡から岩本泰寛さんが参加して東京会員の皆様に会えました。

さらにゲストとして、済州島から

ソルダム ヒョン ギョンチョル韓医院、院長先生

アチム韓医院 チェ ウソク院長先生

朝鮮韓医院 チェ ミヨン先生

済州MBC局 ハン ウィソク部長さん

が、ロングステイフェアに出展するために。

ソウルからは

韓国保険福祉部、韓国保険産業振興院関連の韓医学日本広報会事務局(株)TEMUの

キム ゴンジンさんが、12/8.9の韓方医薬展覧会のPRにお越しくださいました。

先生方からは、「私たちのように韓方に興味を抱いて活動を広げ、集まって楽しんでいる姿を見てとても感動した」とのお言葉をいただきました。

参加のみなさまも韓国語のできる方や興味のあることをおもいおもいにお話ししている場面もあり、ハンバンスタイル協会ならではの本場の専門家に出会えるチャンスを知っていただけたことと思います。

画像に含まれている可能性があるもの:24人、、スマイル、室内

今後に活かしていただけたら幸いです。

 

11月26日、東京国際フォーラムにおいて、ロングステイ財団が主催するロングステイフェアに出展しました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、室内

テーマは、「済州での韓方ステイ」

自動代替テキストはありません。

日本人の海外ロングステイ先は、マレーシアや、タイ、台湾などが人気です。

健康が気になるシニア世代に向けて、伝統的な東洋医学がしっかりと根付いている韓国でロングステイをしながら健康寿命を伸ばしましょうという提案です。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

済州から、済州道韓医師会の玄副会長、アッチム韓医院の崔院長、チョソン韓医院の崔院長が来日して下さり、来場者の健康相談も行いました。

画像に含まれている可能性があるもの:6人

豊かな自然と、観光、健康食、ゴルフ、オルレでのトレッキング、釣りなどのアクティビティ等、魅力的な要素がいっぱいの済州は、短期の旅行先としては有名ですが、長期滞在にも適したディスティネーションです。

初めての出展でしたが、済州の話を聞いて、是非行きたいという方もおられました。

 

画像に含まれている可能性があるもの:3人

画像に含まれている可能性があるもの:4人、座ってる(複数の人)

今後も、各機関と協力して安心安全なハンバンライフスタイルの提案をしていきます。

 

1130日~122日、大邱市寿城区とハンバンスタイル協会にご協力いただきまして企画しました現地体験旅のため13名で韓国・大邱へ行ってまいりました。

 

1日目にまず訪問したのは韓医院。参加者が皆女性だったので、韓方の観点からみた女性のからだ、特に冷えや更年期のお話を院長よりうかがいました。

そして各自の問診票をもとに体質を見ながら診察し、希望の方には鍼診療もしていただきました。

みなさん鍼治療で弱い部分のバランスを整え、先生に「これで3日間の旅行中は大丈夫!」と太鼓判を押されて病院を後にしました。

2日目は花茶の世界へ。

 

日本人団体が訪問するのは初めてということで、たくさんのお茶菓子と色とりどりの花茶のテイスティング

 

温かく迎え入れてくださった院長先生はじめスタッフの方々のおもてなしの心に感動しました。

花茶作りの実習と花が持つそれぞれの効能のお勉強もでき、花の魅力にうっとりとした時間でした。

 

桐華寺の精進料理体験館でこの季節の風物詩、キムジャンを体験しました。

 

 

柿やリンゴ、カボチャを入れたヤンニョム作りからの共同作業は賑やかでみなさん終始笑顔でした。

出来上がったキムチはパッキングして日本に持ち帰りました。

体験館の方々が準備して下さったからだにやさしい精進料理のビュッフェも本当においしかったです。

 

八公山禅本寺にある、心を込めてお祈りをすると願いを1つだけ叶えてくれる冠峰の頂上に鎮座する仏像、カッパウイを拝むため軽いトレッキングをしてきました。

お天気にも恵まれ登頂した時の爽快感は格別でした。みなさん丁寧にお祈りをされていたのでお願い事が叶うことでしょう。

登山を希望されなかった方は、慶山のハヌルホス本店で石鹸づくりとティータイム。

お気に入りの韓方と香りをチョイスしてオリジナル石鹸を作られたようです。

 

この他にも、ティーセラピーで有名な太乙養生韓医院訪問、在来市場で食材買い出し、女性の滋養にとても良い黒ヤギの焼肉や薬膳料理のお食事など「からだにやさしい」ことづくし。

 



 

あっという間の3日間でしたがご参加くださったみなさまにとって「こころとからだにやさしい」旅になったなら嬉しいです。

 

今回ご協力くださりました大邱市寿城区とハンバンスタイル協会、あたたかく迎え入れて下さった大邱の各訪問先の方々そして九州、関西、名古屋、関東、東北と各地からお集まりいただきました参加者の皆様にお礼申し上げます。

ありがとうございました。