12月の活動報告

 

 <<2018年12月活動報告>>

10月28日、大阪にて、釜山観光公社、釜山市韓医師会主催、2018釜山市韓方セミナー&韓方体験説明会が開催されました。

画像に含まれている可能性があるもの:16人、、スマイル、立ってる(複数の人)

主管:ハンバンスタイル協会、韓方医療観光連盟、日韓架け橋交流協会

協力:韓方座浴セラピスト協会

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内

参加者の中には、韓医学の話を初めて聞く方も多くおられましたが、豊富な臨床経験から語られる具体的な健康法、ユーモアを交えて語られる内容に、ある時はうなずきながら、ある時は爆笑しながら、聞き入っていました。

参加者全員に、釜山観光公社、釜山韓医師会からのプレゼントももらえて、皆さん喜んでおられました。ご協力頂いた全ての方に、心より感謝申し上げます。

 

1130日~122日、大邱市寿城区とハンバンスタイル協会にご協力いただきまして企画しました現地体験旅のため13名で韓国・大邱へ行ってまいりました。

 

宇宋(ウソン)韓医院で院長先生のプチ韓方講座と診察や花茶教育院で花茶のテイスティングと鶏頭の花茶作り

 

桐華寺でキムジャン(キムチ漬け)体験やカッパウイ登頂/ハヌルホス石鹸作り体験

 

この他にも、ティーセラピーで有名な太乙養生韓医院訪問、あっという間の3日間でしたがご参加くださったみなさまにとって「こころとからだにやさしい」旅になったなら嬉しいです。

 

今回ご協力くださりました大邱市寿城区とハンバンスタイル協会、あたたかく迎え入れて下さった大邱の各訪問先の方々そして九州、関西、名古屋、関東、東北と各地からお集まりいただきました参加者の皆様にお礼申し上げます。    韓方茶セラピスト 梅田恵美子

 

12月4日福岡国際センターで開催される新韓流フェスティバルにブース出展しました。画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内



自動代替テキストはありません。

平日の朝なのに、入場待ちの方たちの熱気凄い。

kpopがメインのイベントですが、ハンバン広報頑張りました。

 

12月8日-9日に行われた韓方医薬展覧会に参加しました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内

8日はセミナーと個別相談、9日はビジネスミーティングでした。

8日は参加された8病院の講演と個別相談がありました。

会場には多くの韓方に関心がある人が集まり、大盛況でした。

日本の鍼灸の資格をもって韓方病院に勤務されている方から、日韓の東洋医学的アプローチのお話を聞くことも出来、貴重な経験になりました。

ハンバンスタイル協会からも岩本理事、西村理事、9日は大阪の金井さんなども参加されました。また会場でも多くの会員の皆さんとお会いし、お話する機会がもてて嬉しかったです。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、立ってる(複数の人)

画像に含まれている可能性があるもの:9人、、スマイル、立ってる(複数の人)

 

12月12日名古屋会員交流会「わちゃわちゃ会」として

忘年会をいたしました。

10月に釜山で行われた四象体質アカデミーに

参加された南会員のお話や、

画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)

来年の予定を決めて行きました。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、座ってる(複数の人)、室内

来年もハンバンスタイル協会のイベントを予定いたしておりますのでよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

 

12月16日(日)、ハンバンスタイル協会東京支部では、東新大学保健福祉学部 学部長で、現在1年間の予定でお茶の水女子大学の研究員として研究活動をされている

キム・ソンミン先生をお迎えしてセミナーを行いました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

セミナーでは『薬草のチカラを学ぶ~韓方を化学的に解明』というタイトルで、

薬膳でも陰陽五行説でもない、化学的なアプローチで韓方薬材についてお話いただきました。

 

セミナー後は、反省会も含め、キム・ソンミン先生と有志メンバーで食事会にも流れたのですが、先生のご出身でもある光州へぜひ行ってみたいなどの話も出ました。

いつか先生による「光州韓方ツアー」も開催できると良いな~と思いながら、お別れしました。

ソンミン先生、お忙しいところどうもありがとうございました。


ハンバンスタイル協会は韓方の学習と普及、友愛の精神を理念に活動しています。

 

2019年も引き続き日本でハンバンの素晴らしさを知ってもらうための活動をハンバンスタイル協会は非営利団体の会員制団体として日本各地でおこなっていきます。

 

ご協力いただける韓国の関係機関の方々ありましたら

いつでもご連絡ください。