インフォメーション

日本東洋医学会学術総会名古屋で発表する為に来日していた
釜山韓医師会の先生方と懇親会が行われました。

会長のDr.OH、福岡でもお世話になり、名古屋は2回目のDr.Lee、

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、座ってる(複数の人)、テーブル、食べ物、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、室内


研究発表のDr.Kang、若手小児科医のDr.Bae、

いつもお世話になっているホン事務局長、製薬会社のKracieのLeeさん、

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、座ってる(複数の人)、テーブル、食べ物、室内

総勢6名が名古屋に来られました。

今回の発表される研究テーマの『認知症』についてや、また、色々なお話で交流を持ちました。

釜山韓医師会の中でも、ハンバンスタイル協会の活動にはとても興味深く、

評価して頂いているとのお言葉を頂きました。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内

今後、当協会と釜山韓医師会と更に関係が深くなる有意義な時間となったことでしょう。

5月28日(日) 国際薬膳茶講師の梅田恵美子先生をお迎えして行われた

【暮らしにいかせる韓方茶講座】がお陰様で大盛況となりました。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内

まずウェルカムティーにて棗茶からスタート。


棗は"気"と"血"を補い巡りをよくするため、
「女性の血は一生を左右する!と言われています!」

 

今回お茶請けでお出しした棗&胡桃(棗の中にクルミが入った菓子)と、

もう1つMIKARENさんの韓国餅には棗や黒豆等が入ったお餅を出させて頂きました。

 

お茶を飲用するにあたり体質や性質によるお茶選びのポイントの他、

これから迎える梅雨の時期に、いたわりたい五臓"脾"について先生からお話頂きました。

 

脾の不調は胃もたれ・消化不良・疲れやすい・むくみ・乾き…等のサインが出るそうです。

そこでソウルにあるTheTherapyさんの減肥茶(ハト麦・みかんの葉・桑の葉など)と

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる

自動代替テキストはありません。

 

健胃茶(みかんの皮・そば・シソの葉など)を出させて頂き、

自動代替テキストはありません。

 

最後に梅茶を出させて頂きました。

 

日々の生活の中で食べ過ぎたり飲みすぎたりあるいは疲れていたりする時に

ご自身の体質に合う食材やお茶をアフターケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

今後のハンバンスタイルの予定ですが、

長野県松本にある韓国料理『やんちゃ坊』さんより張琴順先生をお迎えして

【家庭で出来る韓方料理教室】を7/17(月)(祝)に開催致します。

 

私達も4月に松本へ打ち合わせに行った際試食をさせていただきましたが、

お味はもちろんのこと

張先生の心がこもったお料理を頂いた私達は元気になって東京の帰路に着きました。

 

近日中に告知を出しますのでどうぞご参加下さいね。

 

最後に梅田恵美子先生とご参加頂いた皆様心から有難うございました。

東洋医学と西洋医学の違いを健康診断という入り口で体験してきました。フライトスケジュールから費用まですべて報告します。

 

  *韓方病院で受けた理由

  *診断の仕方

  *四象体質について

  *当日受けた治療

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)

 

 など今回体験した2人がお伝えします。

  

   ※韓方茶の試食もあります。

 

 場所:MG四日市(三重県 四日市市諏訪栄町4-10)

 参加費:非会員 2000円・会員 1000円

 報告者:山崎秀美・渥美早十美(ハンバンスタイル協会会員)

 

 詳細申込→https://www.facebook.com/events/1897620733818981/

※MOU締結先 (一社)おうち韓方アドバイザー協会主催です。

 

<<夏休み特別企画! 親子一緒に、もちろん大人のみの参加も>>

「自然のチカラ〜私たちのカラダは自然の恵みでつくられる」

 

 韓医学はじめ東洋医学の世界でも、野菜や果物がカラダに与える影響は大きく、植物はじめ自然の恵みは、私たちが元気に健康に過ごすには欠かせないもの。

 

 未来を担う子供たちにそのことを知ってもらい、自分のカラダは食べたものでつくられているということ、そして食生活の重要性を理解してもらい、環境保護へも意識を向けてもらうための夏休み特別企画です!

 

 売上の一部を自然保護団体に寄付いたします



《開催日》7月26日(水)

 

《開催時間》10:30~15:30(10:00開場 途中参加、再入場可)

 

《参加費》大人 一般の方:3500円(税抜)

     おうち韓方アドバイザー協会会員:2,500円(税抜)   

 ※(一社)ハンバンスタイル協会会員の方も会員価格の適用になります。

小学生までのお子様は大人一人につき2名まで無料(3名以上は1名につき500円)

中学生以上のお子様は一人500円(税抜)

お子様の参加費は当日頂戴いたします。

 

一般の方のお申し込みはこちらから⬇︎

https://www.hanbang-life.com/product/event20170726/

 

協会員の方のお申し込みはこちらから⬇︎

https://www.hanbang-life.com/product/event20170726-2/



《イベント内容》

 

【講演】韓方や薬膳から学ぶ

 

  ・韓国より来日!ベストセラー「1日1茶」の著者 韓医師ホ・ダム氏

   「韓医学における自然のチカラと韓方茶」

 

  ・日本四季大学学長 原田栄利子氏「四季薬膳:季節を大切に生きるヒント」

 

  ・おうち韓方®アドバイザー協会代表 岩本明永氏「韓国家庭の食卓の知恵」



【参加型企画】

   *野菜ソムリエによる野菜や果物のお勉強(クイズやゲームなど)

   *野菜や自然の恵を生かした商品のブース販売(試飲試食あり)

 

【親子料理教室】 4階調理室にて、別途参加費要

 ・おうち薬膳Felice(フェリーチェ) 坂野圭保氏 「親子で簡単薬膳パン作り〜トマトチーズパン&オレンジパン」

 ・野菜ソムリエによる簡単料理教室 「NY発!チョップド・サラダ〜韓方アレンジ版」

 

★大人の方のみの参加もOKです

 

 【キャンセルポリシー】

   *開催日より1ヶ月前までのキャンセルは全額返金いたします

   *開催日より1ヶ月前から1週間前までのキャンセルはキャンセル料として50%頂戴いたします

   *開催日の1週間前以降のキャンセルは返金致しかねます   *お申し込み後、未入金の場合も上記同様、キャンセル料がかかります

 

GWの5月3日から7日まで北九州市で開催された旅とグルメの展示会
「ワールドマーケット&ツーリズム2017」に出展しました。

釜山市の協力で韓国観光公社福岡支社のブースに参加、

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、バスケットボールコート

MOU締結先の韓方医療観光連盟(釜山韓医師会と中心とした団体)から来日した
韓方医の先生方による健康相談ブースや

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、テキスト

韓方(ハンバン)セミナーを開催、

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、テーブル

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、画面、室内

画像に含まれている可能性があるもの:2人

5日(金)

  ●12:00~12:50 キム・ユソク韓医院院長 キム・ユソク先生「四象体質から見える免疫力向上」 

  ●15:00~15:50 イ・ハクチョル韓医院院長 イ・ハクチョル 先生「韓方と ”気” について」

  ●17:00~17:50 ラオン韓医院院長 キム・テヨル先生「韓方で美しい肌をつくる」

 

 6日(土)

  ●15:00~15:50 大田大学校韓医学部 アン・テグォン教授「韓医学の特徴と四象体質」

  ●17:00~17:50 東国大学韓医科大学 イ・ビョンウク教授「韓方のお灸治療」

セミナーは常に満席で、初めて聞く韓方(ハンバン)の話に歩いている方々も立ち止まって聞いたり
さまざま体験をされていました。

会場では韓方茶のサービスも行いました。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、立ってる(複数の人)
延べ800人近い方がハンバンブースに来場されました。

ほとんどの方が韓国式漢方・韓方(ハンバン)について初めて聞く方、

多くの方に知っていただくことができました。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございます。

夜は釜山市主催の晩餐会も開催され

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)

 

来日してセミナー講師された釜山韓医師会の先生片方や釜山市役所、北九州市役所、韓国観光公社福岡支社の皆さま。

他関係者の皆様と福岡、大阪、名古屋から参加したバンバンスタイル協会会員の方々、30名が参加。

画像に含まれている可能性があるもの:24人、、スマイル、立ってる(複数の人)

韓方の学びと普及を目標に友愛の精神で協力して今後も活動続けていきます。

ありがとうございました。