インフォメーション

5月12日(土)【MOU共同イベント】韓方よもぎ蒸しセミナーIn名古屋

 

講師:(一社)韓方座浴セラピスト協会代表 外薗亜希子

 

日時:5月12日(土)13時半開始(終了予定16時半)

 

実施場所:名古屋国際センター第6会議室

名古屋市中村区那古野一丁目47番1号(名古屋駅から東へ徒歩7分または地下鉄桜通線「国際センター」駅下車すぐ)

 

 

会費:会員4000円/非会員5000円 (事前振込)

 

申込方法:※お申し込みは下記よりお願いします。

鹿児島県枕崎市東本町14 一般社団法人韓方座浴セラピスト協会

TEL 0993-76-4011 ☆申し込み締め切り 5月6日迄

 

 

<講座内容>

九州地区ハンバンスタイル協会会員でMOU締結した(一社)韓方座浴セラピスト協会代表の外薗会員のセミナーがあります。

ぜひご参加ください。

 

【韓方よもぎ蒸しセミナーIn名古屋】

韓国では600年も前から民間療法として親しみのある座浴⇆よもぎ蒸しです。

その、よもぎ蒸しの

●身体に及ぼす影響

●韓方を使った よもぎ蒸しの違い

当協会の韓医師監修、処方配合の座浴剤のこだわり

●残留農薬と重貴金属の恐さ

●本来のよもぎ蒸しの目的

●そもそも漢方と韓方てどう違うの?

●韓方を普段の生活に取り入れてみませんか?

上記のような内容でよもぎ蒸しに15年携わってきた外薗会員が分かりやすく韓方茶、韓国菓子を頂きながらの講座となります。

☆一般の方の参加も大歓迎です!

☆よもぎ蒸し大好きな方

☆よもぎ蒸しサロンに通っている方

どなたでも参加できます!

◉なんと今回は初関西企画との事で韓国雑貨?韓方茶?

お土産付きです!何が入っているか、それもまた楽しみですね♬

 

主催:一般社団法人韓方座浴セラピスト協会および一般社団法人ハンバンスタイル協会

5月13日(日)【MOU関連イベント・福岡】韓医師来日韓方勉強会『大切なことはすべて先人が教えてくれた〜答えは韓医学に』

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内

内容:

①一般社団法人おうち韓方®アドバイザー協会代表理事 岩本明永

「生きるチカラを育む韓方流食生活」

 

②イ・ハクチョル韓医院 院長 イ・ハクチョル韓医学博士

「韓医学における不妊治療と各種女性疾患」

 

③キム・ユソク韓医院 院長 キム・ユソク韓医学博士

「四象体質を知ると健康が見える」

 

④ザ・ブレイン韓医院 院長 キム・ヨンファン韓医学博士

「子供の発達障害や脳疾患について」

 

 

日時:5月13日(日)  9時45分開場 10時開始(終了予定16時)

 

実施場所:リファレンス駅東ビル(福岡・博多駅)貸し会議室

アクセス⬇︎

http://www.re-rental.com/ekihigashi/access/ 

(      )

 

会費:無料

 

申込方法:※お申し込みは下記よりお願いします。

https://ouchikanpou.com/5-13event/

 

複数名でご参加希望の場合は、代表者様がお申し込みの際、備考欄に参加人数をご明記ください。

主催:大韓民国・釜山広域市、一般社団法人おうち韓方®アドバイザー協会

 

後援:釜山観光公社、釜山韓医師会、一般社団法人ハンバンスタイル協会

 

4月14,15日と二日間にかけて開催されている韓国領事館主催


「韓国フェスティバル名古屋2018」

KPOPのコンサートや名古屋の韓国韓国料理店も多数出店、

すごい人だかりで大盛り上がりです。

 

ハンバンスタイル協会もブース出張し


名古屋地区会員が参加して
美容鍼やかっさ、

画像に含まれている可能性があるもの:3人

韓方茶の体験など

画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)

 

行列がてきていました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

来訪された大村愛知県知事の脈診をさせて頂きました。

その様子を、知事のツイッターで、ハンバンスタイル協会の紹介して頂いていました!

画像に含まれている可能性があるもの:5人、、スマイル

多くの方々にハンバンを知ってもらうよい機会でした。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)

【2018韓方ビジネス商談会】

福岡支部会員の田中が報告します。

 

●ソラム漢方病院(日本語パンフレットの表記が「漢方」です)

画像に含まれている可能性があるもの:4人、スーツ

ソウルにある西洋医学と韓方医学の両方からアプローチする「がん治療」専門病院です。

自動代替テキストはありません。

西洋医学の抗がん治療と併行して韓方治療を受けることで苦痛や副作用を減らして病状や日常生活を好転させたり、手術後の再発防止などができるそうです。

自動代替テキストはありません。

 

7日コースと12週コースがあり、基本的には遠方の患者はホテルなどに宿泊して通院しますが場合によっては入院コースも可能。

費用は基本がおおよそ50万円~150万円(ケースによりその他の治療費がかかります)。

ロシアやアメリカなど様々な国、地域から患者を受け入れた実績があるが、日本からの患者は未だいないそう。

他国の患者受け入れはエージェントが間に入って実施しており、日本でも良いエージェントと出会いたいとのことでした。

 

シビアな病気だけに距離や費用など様々なハードルを乗り越えてこの病院に頼ってくる患者さんがいるのは理解できましたが、

日本の患者にとって海外で闘病することを選ぶにはまだまだ情報と理解が不足しているなと感じました。
また、現状病院はまだ日本語対応していないとのことでこれからだと思います。

生半可な理解では人に勧めにくいし責任も取りにくいのでビジネスで手掛けるというのはなかなか難しいなと言うのが正直なところですが、

個人レベルでニーズは確かにあるだろうとは思いました。

自分や近親者がいざとなった時に、このような選択肢があるということは頭に入れておきます。

【2018韓方ビジネス商談会】

東京支部会員の梅田です。

西村理事、木谷会員に続きまして4月12日に参加しました2018韓方ビジネス商談会の報告をさせていただきます。

今回は、江南ほか、韓国内に10か所以上の分院がある皮膚疾患を専門とする生気(センギ)韓医院のご紹介です。

 

●生気(センギ)韓医院

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)

 

アトピー、湿疹、皮膚炎、カンセン、イボを始めとした難治性皮膚疾患を専門的とする韓方医院で、

ソウルでは江南、麻浦、新道林、ほかの地域では安養、釜山、大邱、光州など全国展開されています。

 

今回、お話下さったのは、代表取締役で江南駅院の院長でもある朴致永(パクチヨン)先生でして、

日本から受診する場合は、日本語通訳もいる江南駅院に来てくださいとのことでした。

 

病院名の「生気」の由来は、生氣…【免疫力】と生肌…【皮膚】の2つの意味があり、

各自の持つ「免疫力を生かして」「皮膚を生かす」という意味があり、診察にもそれが生かされています。

皮膚疾患は目に見える部分では皮膚に症状が現れていますが、内臓や体質など目に見えにくい部分に原因があることも多いため、

体全体を診て韓方薬を内服したり、生活習慣の指導など内側から改善し治療していきます。


同時に必要に応じて鍼や外用薬などを併用し、皮膚の症状も治療していきます。

自動代替テキストはありません。

 

個人的な話になりますが、しつこい手湿疹があるので相談してみたところ、

治療法のひとつとして患部に鍼をして瘀血を取り除いて症状を改善していく方法があるということで症例写真を見せてくださりました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、画面

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

鍼に慣れていない方にはちょっと驚く写真かもしれませんが、

以前、韓国の韓医院で肩こり治療のため鍼とカッピングで肩の瀉血をした後、とても肩が軽くなった経験があるので韓国ではよくある治療法のようです。

最後に、手湿疹はもちろん、普段のスキンケアにも使えるという病院オリジナルのローションと軟膏をいただきました。

軟膏の方は紫根と当帰のような香りがほのかにして、紫雲膏に近いような気もしますが、韓方の香りがきつくなく、使い心地も良いです。

商談会の余談でちょっと相談させていただいただけなのに、とても親身になってアドバイス下さり、先生のお人柄を感じました。

なかなか治らない皮膚のトラブルでお悩みの方には、韓方を取り入れた皮膚科というのも選択肢のひとつとしてよいかもしれません。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...